愛車を格好良くしたい場合はカスタマイズ専門店へ

やっぱり専門店がイチバン!愛車のグレードアップをするなら

専門店でカスタムするメリット・デメリット

この記事をシェアする

美しく・スピーディにカスタムをしたいなら

カスタム専門店では知識の無い方の車も責任を持ってカスタムしてくれるので、セルフカスタムが難しいが車をかっこよくしたいという方から支持を得ています。
プロが手掛けてくれるので、自分でカスタムするよりもスピーディで美しく仕上がるのが最大のメリットです。
またトレンドやおすすめの方法を相談出来るので、自分の車にはどんなカスタムが合うのかを知りたい場合にもおすすめです。専門店に製品を置いていて、そこから選択して依頼するのが定番なのでわざわざ自分でカスタムパーツを用意する必要もありません。
もちろんプロが手掛けてくれるので法律に違反してしまう心配もありません。メンテナンスや手入れ方法も教えてくれるので、愛車を長く使いたい場合にもぴったりの方法です。

コストがかかるのがデメリット

何かサービスを利用する、という事はそのサービスに対して金銭を支払わなければなりません。カスタム専門店ではカスタムパーツの費用はもちろんですが、専門的な技術が必要なので工賃が発生します。
店舗によっても価格は違いますが、サウンドや内装に装飾であればパーツ代金込みで2~3万円、タイヤ関連なら30~50万円ほど発生するケースもあります。カスタムと言うのはあくまでも所有者が納得の範囲になりますので、こだわればこだわる程コストが発生し、人によって300万円は下らないとも言われています。
これらのコストが発生してもカスタムをしたいのか?という事を依頼前に再度考えて見て下さい。高額なコストはデメリットですが、それに見合ったこだわりを見せてくれます。